『うさちゃんの可能性について 過去〜未来』

秋の深まりとともに山下公園銀杏の木も黄色く色づき、横浜がもっとも綺麗な季節となります。 今回のうさフェスタ秋2017は、うさぎのしっぽがこの横浜の地に誕生してから20年目の記念すべき年に開催される特別なイベントになります。 さて今年のテーマは、

『うさちゃんの可能性について 過去〜未来』です。うさぎのしっぽが創業した1997年当時 は、インターネ ットも普及していない時代でした。うさちゃんに関する情報を得ようとしても近くのペットショップや数冊の飼育書だけが頼りでした。そんな時代にうさぎ専門店ができた事で少しずつうさちゃんの生活環境が整い、うさちゃんを診られる獣医師が現れ、様々なメーカーが沢山の用品を開発販売し、飼い主さんの意識も大きく変化してきました。

月日は経ち、うさちゃんとの生活スタイルが確立された今、 これから私たちとうさちゃんの生活はどのようになっていくのでしょうか。うさぎのしっぽが未来に向けてフォーカスしていくのは、 「うさちゃんと飼い主さんとのより深いコミュニケーションが可能になる事。」です。その一つのヒントがクリッカートレーニング や
ラビットホッピング にあります。今、うさちゃんの未来は、より大きく変化していく時を迎えようとしています。 今年は、5つの獣医師講習会を開催し最新の医療情報やタイムリーな情報をお届け します。 そして、うさぎ関連メーカーさんは18ブース、うさぎ作家さんは72 ブー スと共に”うさフェスタ史上最高のブース 数”になります。 うさフェスタは、うさぎのしっぽのスタッフとメーカーさん、うさぎ作家さん、 学生ボランティアによる手作りのイベントです。 お客様に沢山の思い出を残し、新しい出会いを作れるよう頑張りますのでよろしくお願いいたします。 会場の横浜産貿ホール・マリネリアに続く道は、黄色い絨毯を敷き詰め皆様のご来場を心よりお待ちしております。

うさぎのしっぽ代表 町田修